ホームページへ

タイトル-湯先生の部屋
 
湯先生の部屋TOP頁

狭心症・心筋梗塞
 

狭心症とは 狭心症は正確には『冠動脈粥状硬化性心疾患』といい、現代医学では「虚血性心疾患」に分類されています。虚血とは、心臓の筋肉への血液の供給が減ることや途絶えることをいいます。
冠動脈は心臓に酸素と栄養を供給している血管で、左に2本(左前下行枝と左回旋枝)、右に1本(右冠動脈)大きなものがあります。この冠動脈の粥状硬化を基礎に、精神的な緊張、過労など何らかの原因によって冠動脈の一部に痙攣や閉塞が生じ、その部分の心筋が虚血状態となり細胞が破壊されて重大な急性循環障害や心機能衰退を起こし死に至ることもあります。


 
狭心症の症状 狭心症による発作の症状は、高血圧・高脂血症・糖尿病など誘発要因の症状に加え、突然、心前部が圧迫されるような痛み、または針で刺すような痛みに襲われて呼吸困難に陥り、まったく動けなくなります。少しでも体を動かすと痛みが激しくなり、静かに休んでいると次第に治まってきます。このときの心電図は典型的な心筋虚血の状態を表します。
急性の発作が起きたときは、すぐに冠動脈拡張剤で治療します。冠動脈の痙攣を抑えて心筋の循環を改善させることで、多くの患者は一時的に発作から解放されます。
ただし根本的な病気の原因や誘発要因が改善されなければ、発作は繰り返され、次第に治まりにくくなっていきます。冠動脈の痙攣が持続的になると、その部分に血栓が形成され心筋は虚血状態となって細胞が破壊されます。これが急性心筋梗塞です。


 
急性心筋梗塞の症状 急性心筋梗塞の症状は、狭心症の発作による繰り返しの胸の痛みや高血圧・高脂血症・糖尿病など誘発要因の症状に加え、突然、呼吸困難や血圧低下、顔色が青紫になるという症状を伴う激しい胸の痛みに襲われ、気を失います。 このときは心電図の典型的な変化の他に、心筋の細胞が破壊されたことによって心筋細胞内の特殊な酵素が周囲の血管に拡散します。特別な検査方法で血液中の心筋の特殊酵素の量を調べれば心筋細胞が大量に破壊されたかが分かります。これが多ければ心筋細胞が大量に破壊されている、つまり心筋梗塞という診断が成立するのです。この点が狭心症の発作の状態とは違うところです。
現在、急性心筋梗塞に対する最も効果的な治療は、できるだけ早い時期に心臓の血管のバイパス手術をすることで心筋の細胞の破壊を防ぎ循環を回復させる方法です。ただしこの方法が使えるのは極めて初期の「赤血栓」の段階で、「白血栓」の段階になると殆どの細胞は再生不可能に破壊されてしまっています。


 
中国医学の対応法 中国医学では、急性期における救急の処置の他、「未病を治す」という原則に基いて、発作が治まったあとの治療を重視します。基本的には根本的な病気の原因と動脈硬化、高血圧、高脂血症、糖尿病などの誘発要因を中医薬や食事療法で改善していきます。この時期には弁証による処方以外に、近年では朝鮮人参や当帰、紅花、丹参などから作られた注射剤が用いられます。直接静脈に注射することで効き目が速く、副作用も少なく、血液の循環を改善させるので、狭心症の発作の再発を抑え、心筋梗塞を予防します。
食事療法では、急性期には栄養豊富で吸収しやすい薬膳スープや薬膳粥を用い、少食多餐にします。症状が落ち着いたら、個人個人の誘発要因によって調整された薬膳で治療にあたります。


 
湯先生の部屋TOP頁
ホームページへ